なんか長くて足が生えてるやつ

とっ散らかった文章の場。夢 感想 メモ 脳内 日常

シュタゲ

唐突にシュタゲを見たくなったので

とりあえずシュタゲ0を最新話なのかな、12話まで一気に見た。

まだ終わってない作品なので特に語ることはない。

言えることはまゆしぃは天使だってことかな。

 

んでもって、その流れで劇場版も見た。

 

本編と劇場版双方のネタバレを含むのでたたんでおこう。

 

続きを読む

魂やらなにやらというものには懐疑的な派閥ですが

それでもやはり寄るものがないと立てない時はあって

すがりたくなってしまう時はある

 

数日前、愛犬がなくなった

 

考え方を変えるのは美しくはないけれど

うしなわれたとは思いたくなくて

行ってしまったんだと思い込んで

それで少し救われようとするのを止められないや

 

どうしても安らかであれと願ってしまう

見守ってなんていてくれなくていいから幸せでいてくれないかと思ってしまう

 

そんなものはないといつもの自分なら言うだろうけど

天国なんてものがあってくれたらと願ってしまう

 

他人から見たらただの犬なのかもしれないけれど

やっぱり自分にとっては大切なものだったんだよな

 

いつも研究でいくらでも生物を殺してるけどさ

それでこんなこと思うのは理にかなってないし

都合のいい話だなんてわかってるよ

 

それでもさあ

思うことを止められない

 

理にあってなくてもなんでも

感情論だけでしかなくても

それでもダメなんだ

 

いつかまたあえたらとか本当に願っちゃってるんだよな

 

こんなことブログに書いてどうすんだよと思う自分もいるけど

忘れてしまったら本当にもういなくなってしまう気がして

冷えていく身体を感じていたし

彼女のすべての細胞の死を見てたんだよ

だって火葬したから

 

それでもさ

まだ「ない」とは思いたくないんだよな

 

本当に理で生きていけない

 

それでも時間がたてばこんな気持ちも忘れていくだろうけど

今の自分は忘れたくないんだ

 

だからここに書いてる

こんなところに書いたって伝わらないし

まず犬だからな

いったってわかんないんだろうけど

 

それでもさ

ほんとうにありがとう

君がどう思ってたのかなんてわかんないのに悪いけど

もっと一緒にいたかったよ

そんなはずないのに一生一緒にいてくれるような気がしちゃってたからさ

君がもういないなんて信じたくないんだよ

ごめんなほんとうに

どうか幸せであってくれないか

もしなんか来世だったりそういうなんかがあったりしたらさ

ほんとうにかかわりあいになんかならなくてもいいからさ

楽しく過ごしてくれないかな

 

神様でも仏様でもなんでもいいから

彼女がどうか安らかであるようにしてくれないか

普段は全く信じてない自分から頼むのなんて間違ってるけど

でも許してくれないかな

 

本当にそうして欲しいんだよ

そうあってほしいんだ

 

 

ふとした瞬間に君の影がちらついて

涙が止まんなくなるんだよ

 

洗濯物たたんでても

キッチンにいるときも

いつもの散歩の時間になっても

まだ君がいてはあるいてくる気がしちゃうんだよ

 

本当に情けないかぎりだけどさ

 

矛盾ばかりでぐちゃぐちゃな文章でごめんな

一応これを手向けにするよ

 

ほんとうにありがとう

ほんとうに

 

ぼんやりと思う

時折ふと思うのだけど 

親と子には繋がりがある

 

親子の絆などとそんな

「キレイ」なもののことを

いいたいわけじゃなくて

 

生物学的な両親と子には

遺伝的な繋がりがあって

 

それは望む望まないに関わらず

切れることのないものであるな と

 

概ね母親と父親の半分を受け継いでいるんだよ

 

似てるとか似てないとか

そんなものないよな

 

発現しているかいないかだけだ

 

そうして遺伝子とかいうものは

母親、父親のみならず

今まで続いてきた先祖から

連綿と受け継いでいるわけだ

 

その意味では

自分一人で生きてるなんて

ありえないんだよ

 

どうしたって無理

生まれらんないわけだから

 

ここにこうして今のこの自分が

存在ということは本気で

奇跡的なものだなと思う

 

別にそれがすげーうれしいとか

素晴らしいとかそういうことじゃなくて

すごい確率ひいてんだよな

びっくりしちゃうよ

 

その結果が自分だということなんだけど

 

親の親の親の親の.......親の中の誰か1人でも

いなかったり子ども作らなかったりするだけで

もう自分はいないわけで

 

これを奇跡と呼ばずになんというんだ

 

それが過去から今までそしてこれから

この世に存在した/する全ての人に

起こったもしくは起こる奇跡だよ

 

凄まじいよ、ホント

 

別に人間だけじゃないけど

というかありとあらゆる出来事がだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分なりの英語の論文の読み方とか つれづれ

後輩くんは英語の論文を読むことに

苦手意識があるらしく、

コツとかないですか?と聞かれた。

 

その時は思いつかず

なんだろうねーとか

濁した返答をしたけれど、

 

考えてみたら

自分も最初の頃は英語で論文を読むことが苦痛だったけど、確かに今は普通に読んでるなあと思った。

 

思えば、はじめの頃は

全文日本語に訳してから読んでいた。

 

本当に時間がかかってしまって、

一本読むのに5日間とかかってた。

 

訳してる途中でてにをはがおかしくなったり、
文章の構造が日本語と違うから、
頭っから訳すとおかしくなっちゃうのもあってうまいこと綺麗な文章にするために時間かけちゃったり、読み直すと逆に意味わかんなくなったりしてたので。

 

それで読み方を変えたんだった。

 

普通に日本語読むみたいに

英語のまま、どんどん読むようにした。

 

わかんない単語があっても

とりあえずそのまま読む。

 

全文読んで、

それでもわかんない単語は辞書引く。

 

あと専門用語はわざわざ日本語に訳して
理解しようとすると余計わけわかんなくなること多いから、概念だけ理解する。

 

そしたら

日本語と同じとまではいかないけど

そこそこのスピードで読めるようになってた。

 

きっとそこが自分の転機だな。

 

英語苦手だけど、

何本も国際誌の論文読まなきゃいけない人は、

最初はおんなじ筆者の論文を

何本か読んだらいいと思う。

 

おんなじ人が書いてると言い回しとか

使う前置詞とか単語もおんなじになりがち

 

つまり文章が似てるから、

他の人の読むよりは、学習コストかからずに読める。

 

そんで英語の論文読むこと自体にも

抵抗なくなると思う。

 

英語圏の人のじゃないのからスタートすると、

難しい単語とか言い回しが少ない場合が多いから読みやすいかもしれない。

 

日本人の筆者とか。

 

ただこれは色々とちょっとあれだったり

するんで良し悪しかなーとも思う。

 

まあこのやり方で行けるのは、

多分科学論文だけなんだろうなー。

 

専門用語というなの共通理解があるし。

全部綺麗な文章で記憶する必要ないし。

何が言いたいか、何が大事か、

それだけわかればいい。

だから読める。

 

まあ結局のところ、コツというか

大事なのは読みまくって慣れるっていうこと

なんだろうか。

 

英語で小説読んだことないけど、

詩的な言い回しとかだとこれ通じないし、
文字遊びとか楽しめないだろうし、
脳の使い方違う気がするし。

 

ああ、そうか!

今書いてて気づいたけど自分は

論文は読んでるんじゃないんだなー。

 

なんというか。

 

文意をつかむって感じ。

 

でもまあそれでいいんじゃないかな。

と思っている。

とくにどうでもいいなんとなく思ったことを取り留めもなく

考えることなんて言うものは

人はだれしも変わらないのではないかなんて思う

 

いや誰しもではなくて世界のどこかにいる/いた/生まれる誰かは

同じこと考えるのではないだろうかと思うわけだよ

 

なんか試行回数の問題でさ

 

世界がこのまま永遠と続くとしたら

もうほぼ無限じゃん

 

悩むことに意味なんてあるんだろうか

 

また別にすべてのことはどうでもいいし

それと同時にすべてのことはどうでもよくない

 

世界は自分を中心にできている

 

自分以外に価値なんてないし

自分になんて価値はない

 

なんかそんな感じなんよ