なんか長くて足が生えてるやつ

とっ散らかった文章の場。夢 感想 メモ 脳内 日常

無限に金があったら何をする?

そんな話を後輩としていた。

 

『無限に金あったら何します?』

「無限だと考えにくいな!んー何するかなあ」

『じゃあ10兆くらいで』

「それも無限みたいなもんだな」

 

「よくわかんないけど税金やばそう」

『6兆くらい持ってかれるかもしれない』

「じゃあ後4兆か」

 

『それくらいあったら何でもできますね。

 とりあえずまあ俺は半分は親に渡しますかね』

「まじかーじゃあ自分もそうしようかな」

 

「あと2兆しかない」

『でも2兆ってとんでもない額ですよ』

「そうなー まああれだな家買うかな湯船ついてるやつ」

『マンション買いますね!資産運用とかのために』

「えー いやあ2兆あったらもう増やさなくていいわー

 誰かに残すみたいな気持ちないもん食い散らかして終いよ」

『いーやー わかんないっすよ。俺は増やそうとは思うか分かんないけど

 減らさないようにしようと思いますね』

「ほー」

 

『まだ金ありますよ。俺は世界一周とかしたいなー。バックパック背負って』

「有線を引くね家に!後いい椅子!あーあと車買うかな!要らないけど買ってみる!

 あとたくさん本買うし、ハズキルーペも買う」

『なんか夢ちっちゃくないですか?2兆あるのに』

「あーえー。そうかなあ。じゃあ大学通うかもね。違う分野の。史学系とか」

『えー』

 

「だってやることないじゃん。やってみたかったけどやったことのないこととか、興味あることとかにバンバン金使うと思うけど。彫刻とか彫金とか、パラグライダーとかボートとかカヤックとか。でも多分すぐ飽きる」

『まあ金があっても技術がつくわけじゃないですもんねえ』

「そう!それ。だから作家とかスポーツ選手とかに金出すわ」

 

『募金とかしないんですか』

「しないねー。まあ世間体のためとかではするかもしれないけど。

 興味ないなそういうの。それならむしろ興味ある人たちに金使いたいもん。誰かの個展開いたりとかー、研究費の補助したりしたいわ。あ、スタジアム建てるね!」

『サッカー好きだなあ。まあ俺もそうかなあー。でも金あっても寂しくなりそう。

 金だけの付き合いとかそういうの増えそう』

「金あったことないからわかんないけどさ。まあそういうの込みで承認欲求満たすためにパトロンになるわ。」

 

『あー金欲しいっすねー。ないのに無駄な会話をしてしまった』

「君が始めたんじゃないかー。まあいいけど。

 結局自分が金銭的に何不自由なくなったらパトロンになるんだなーって面白かった」

2018/11/17 17:54 

寝ていたらベッドに誰かが腰かけるような沈みを感じ目が覚める。

捲れていた布団を直されたようだった。

 

母親かなあなどと呆けた頭で思うが、

一人暮らしをしている今ここに自分以外の人間がいるはずがない。

 

ハッとして起き上がる。

 

誰もいない。

気のせいだろうか。

また眠ることにする。

 

少しするとベッドに人が近づいてくる床を擦る足音がする。

眠気からか目を開いていてもあまりよく見えない。

視界がぼやけている。

 

やみくもに手を伸ばして掴む。

その太さから、どうやら首のようだと思う。

力を込めようかと思うが、そんなことをしてもいいのだろうかと

急に怖気づいて中途半端に力が入った状態になる。

 

そうして少したっても振り払われるでもなく、動きもしない。

まだ視界ははっきりしていない。

誰ですかと声をかけようとするがかすれてしまって音にならない。

 

途端に相手の身体が動くのを感じる。

ようやく危機感からか脳が覚醒したようで、視界がクリアになる。

その間に誰かがぐいと此方の腹部にまたがってくる。

肩を抑えられ、動けない。

 

眼前数センチのところに顔が近づいてくる。

おんなだ。と思う。

目を覗き込まれる。

鼻に温かく生臭い息が当たる。

右唇の端に濡れた感触がする。

視界いっぱいに相手の目が見えている。

 

その目を見ていたくなくて瞼を強く閉じると、

途端に身体から重みを感じなくなり、

おんながベッドを降りたような音がする。

 

がばりと起き上がり、辺りを見回すが

誰もいない。

 

右唇に手を当てると

湿っているようないないような判別のつかない感覚を覚える。

 

時計を見るとベッドに入ってから2時間程度だった。

午睡をしたせいでかえって疲れてしまった。

 

身長差

 

身長差を表す描写で

「 人物Aの頭のてっぺんが 

 人物Bの肩と同じくらい」的なやつ

 

頭部の長さを考えて見ると

その時の2人の身長差は

少なくとも25cmくらいになると思うんよな

 

身近に自分と30cm身長差のある人がいて

だいたい「頭のてっぺんが肩の位置くらい」

なんですよ

 

 

 

 

最近見た「言論弾圧だ!」 っていうあれ

「書店員の思想で 店に置く本を選択しちゃいけない。言論弾圧だ!」

っていうやつなんかこうピンとこないというか

 

政治的思想が云々とかそれ以前に、

 

 

最近出たものであるとか、売れ行きがいいとか、

ターゲットとしている消費者にあってるとかなんでもいいけど

そういう書店員視点のセレクションが入って

販売されてるわけだと思うのだけどどうなんですかね

 

あと問屋が扱ってないから注文できないとかね

問屋の利益だったりコネクションだったりとしたもので

本の取り扱いを決めるのはどういう判断になるんでしょう

 

別に「販売をしない」というジャッジを礼讃するわけでも、

否定したいわけでもないんですけど

 

それにたいして否定的な見解を示している方は

どういうロジックなんかなと思った次第です

 

個人としては

この件に関して問題とされてるのは

「特定の書籍を販売するか否かが、書店員の思想で選択される」ことが

表現の自由を侵しているかまたは公共の福祉を侵しているか

とかそういう点だと思うのだけど、

 

「売れる・好きだから等」取り扱うのと

「売れない・その意見に賛同しないから等」取り扱わないって

なんにしたって書店(員)のバイアスかかってるんじゃないか?

その両者に違いなんてないんじゃないか?と思うんですよね

 

だとするともとより議論する点がおかしくないですか?

この世すべての書籍がどの本屋であったとしても購入できるわけではないし

 

それともすべての本屋ですべての本を取り扱え!ということなのか

 

あと「新潮45」は読んでいないし

それに対する意見はここには一切含まれていないことを明言します。

〇って打って出てきた言葉

あ 与えている

い いつもお世話になっております。

う 上で

え 影響を与えている

お 雄

 

か 語って

き 近辺

く (個人情報)

け Kenny

こ 個体

 

さ Sample

し Size

す subtitle

せ Segoe UI

そ 存在することが

 

た 高い

ち 着目し

つ 次に

て (個人情報)

と 東京

 

な 並びに

に 日本

ぬ ヌーボー

ね 年賀状

の North American naked sole 

 

は Hankun

ひ 広島

ふ Future

へ 平均

ほ 保持していることが示唆されました。

 

ま 前

み 宮島

む 結び付けて

め メール

も 申し訳ございません

 

や (個人情報)

ゆ 誘引する

よ 欲求

 

わ 割合

を を与えている

ん んだろう

―――――――――

さしすせその違和感