なんか長くて足が生えてるやつ

とっ散らかった文章の場。夢 感想 メモ 脳内 日常

身長差

 

身長差を表す描写で

「 人物Aの頭のてっぺんが 

 人物Bの肩と同じくらい」的なやつ

 

頭部の長さを考えて見ると

その時の2人の身長差は

少なくとも25cmくらいになると思うんよな

 

身近に自分と30cm身長差のある人がいて

だいたい「頭のてっぺんが肩の位置くらい」

なんですよ

 

 

 

 

最近見た「言論弾圧だ!」 っていうあれ

「書店員の思想で 店に置く本を選択しちゃいけない。言論弾圧だ!」

っていうやつなんかこうピンとこないというか

 

政治的思想が云々とかそれ以前に、

 

 

最近出たものであるとか、売れ行きがいいとか、

ターゲットとしている消費者にあってるとかなんでもいいけど

そういう書店員視点のセレクションが入って

販売されてるわけだと思うのだけどどうなんですかね

 

あと問屋が扱ってないから注文できないとかね

問屋の利益だったりコネクションだったりとしたもので

本の取り扱いを決めるのはどういう判断になるんでしょう

 

別に「販売をしない」というジャッジを礼讃するわけでも、

否定したいわけでもないんですけど

 

それにたいして否定的な見解を示している方は

どういうロジックなんかなと思った次第です

 

個人としては

この件に関して問題とされてるのは

「特定の書籍を販売するか否かが、書店員の思想で選択される」ことが

表現の自由を侵しているかまたは公共の福祉を侵しているか

とかそういう点だと思うのだけど、

 

「売れる・好きだから等」取り扱うのと

「売れない・その意見に賛同しないから等」取り扱わないって

なんにしたって書店(員)のバイアスかかってるんじゃないか?

その両者に違いなんてないんじゃないか?と思うんですよね

 

だとするともとより議論する点がおかしくないですか?

この世すべての書籍がどの本屋であったとしても購入できるわけではないし

 

それともすべての本屋ですべての本を取り扱え!ということなのか

 

あと「新潮45」は読んでいないし

それに対する意見はここには一切含まれていないことを明言します。

〇って打って出てきた言葉

あ 与えている

い いつもお世話になっております。

う 上で

え 影響を与えている

お 雄

 

か 語って

き 近辺

く (個人情報)

け Kenny

こ 個体

 

さ Sample

し Size

す subtitle

せ Segoe UI

そ 存在することが

 

た 高い

ち 着目し

つ 次に

て (個人情報)

と 東京

 

な 並びに

に 日本

ぬ ヌーボー

ね 年賀状

の North American naked sole 

 

は Hankun

ひ 広島

ふ Future

へ 平均

ほ 保持していることが示唆されました。

 

ま 前

み 宮島

む 結び付けて

め メール

も 申し訳ございません

 

や (個人情報)

ゆ 誘引する

よ 欲求

 

わ 割合

を を与えている

ん んだろう

―――――――――

さしすせその違和感

クロノ・トリガー IOS版 死の山

最近クロノ・トリガーIOS版をやっている。

 

面白いんだけどまあよく言われてるように操作性が悪い。

動かしにくくて攻撃したい敵を選択ミスしたりとか。

コントローラーじゃないからある程度致し方ないし

それくらいならば許容の範囲内だ。

 

だがしかし死の山の二番目の人形のところが地獄のようだった。

滑りまくって落ちまくってスタート地点に戻され続ける

すげー面白いけどもうここでやめようかなと思うくらいに。

 

でも2時間強かかってようやく行けたわー。

 

ググってみたら同じようなこと言っている人がいたので

自分がいけたときの方法をあげておこうと思う。

 

MENU→せってい→移動→「ダッシュ」から「あるき」に変更する。

それだけで他は特に意識しなくとも

今までのは何だったのかと思うくらいにスムーズに行けた。

 

今更だけども同じところでいらだってる人が存在したら、試してみてほしい。

そのためだけに記事を書くぐらいイライラしたので!

 

クロノ・トリガー面白いです。

シュタゲ

唐突にシュタゲを見たくなったので

とりあえずシュタゲ0を最新話なのかな、12話まで一気に見た。

まだ終わってない作品なので特に語ることはない。

言えることはまゆしぃは天使だってことかな。

 

んでもって、その流れで劇場版も見た。

 

本編と劇場版双方のネタバレを含むのでたたんでおこう。

 

続きを読む